【新製品】オルファから「野」で頼れるカッターナイフが登場!

カッターナイフだからってナメるなよ!

オルファのカッターナイフと言えばオフィスのデスクでもお馴染みの一品。刃が摩耗してきたポキっとやるだけでたちまち新品の切れ味が復活。社名の由来が「折る刃」がきているというのはあまりに有名な話だ。2月27日、そんなオルファからアウトドアでの使用に適した新シリーズ「OLFA WORKS」が発売される。

ラインナップは「替刃式ブッシュクラフトナイフ BK1」、「替刃式フィールドナイフ FK1」、「替刃式フィールドノコギリFS1」の三種類。いずれもカッターナイフのようなスライド式の刃を採用する一方で、オリーブドラブとサンドベージュのカラーやストラップによってアウトドアシーンにぴったりの仕上がりとなっている。公式サイトにアップされているムービーを見る限り、切れ味も期待できそうだ。そしてこのお手頃価格。すでに大ヒットしそうな予感がムンムンする。

◆問合せ=オルファ ☎06‐6972-8101

「替刃式ブッシュクラフトナイフ BK1」
ステンレス製の1.2㎜厚刃を採用し、ウッドクラフトをはじめとする様々な用途に活躍するブッシュクラフトナイフ。水洗いしても錆びないので調理にも使用可能。価格は1300円。
全長116㎜×全幅23㎜×全厚10.5㎜


「替刃式フィールドナイフ FK1」
形状は一般的なカッターナイフに近いが、歯を波型に研磨することで、ロープやペットボトルなどの滑りやすい素材にもしっかりと引っかかり、スムーズにカットできる。本体後部には多用途に活躍するツメが付く。価格は1400円。
全長168㎜×全幅51㎜×全厚24㎜
「替刃式フィールドノコギリFS1」
枝木をカットするのに便利なノコギリ。刃は「上目」を施した本格目立てによりスムーズな切れ味を実現。衝撃焼入により耐久性と靭性を備え、切れ味長持ち。価格は2000円
全長185㎜×全幅49.5㎜×全厚27㎜(刃渡り106㎜)


GoGo-GaGa!

クルマ、モーターサイクル、自転車――― ヒトに自由を与える乗り物の魅力を発信するWEBメディア