俺のヤングマシン図鑑!【レーサーレプリカ編】

1980年代から2000年代にかけて、若者たちに絶大な支持を受けたモデルを筆者の体験を交えつつ紹介。元気で、ルックスがキマっていて、ノリが良くて、ハッタリが効いて、できれば安くて……時代を彩った“ヤングマシン”は若者たちを映す鏡でもあった。

 (『MOTO NAVI』2017年10月号に掲載されたものをWEB用に加筆・修正)

Part2「レーサーレプリカ」編

 有り余るエネルギーを峠にぶつけた80~90年代。マシンはもちろんレーサーレプリカ!


峠最速というステイタスを求めて

峠道が元気を持て余した若者たちのサーキットと化していた80年代から90年代初頭にかけて。当時のバイクを取り巻く環境は問題だらけでしたが、だからこそ生まれた魅力的なマシンがあったことも皮肉な事実。言わずもがなの250㏄2スト、そして400㏄4スト4気筒のレーサーレプリカです。新車では高価だったこれらのマシンはブーム最末期になると先輩方のお下がりが我ら小僧のところにも安価で回ってきました。ただし、まともな個体は絶無。カウル無し丸目ネイキッド&逆シフト仕様のNC30(VFR400R)が8万円とか。で、それを買って仲間と向かうのが近所のゴルフ場の周辺にあったワインディング。ギャラリーコーナーで写真撮って(もちろんフィルムカメラ)見せあったりね。「バカお前それ無理ヒザじゃん、ダッセェ」てなもんです。いま思えば、われらミーハーな若者たちにとってレーサーレプリカの価値とは、その高性能よりも後のビッグスクーターやアメリカンブームがそうだったように"流行りもの”であることにあったと思います。持っていないと友達と同じ土俵で遊ぶことができないコミュニケーションツールだったのです。


ヤマハ FZ400R(1984年~)

当時、激戦区だったTT-F3クラス用ファクトリーマシン、FZR400と同時開発されたレーサーレプリカ。エンジンは前身であるXJ400Z/Sの水冷4気筒DOHCをベースに59馬力までパワーアップ。シャープなハンドリングを実現するフロント16インチホイールやCd値0.3以下とアナウンスされたハーフカウルも装備した。フレームはまだスチール製の角パイプだ。

ホンダ NSR250R(1986年~)

もう語り尽くされたモデルなのでメカについては割愛。数年前にコンディションの良いMC18型(通称:ハチハチ)に乗ったところ意外な扱いやすさに感激した。充分な中低速トルクと現代の大排気量車に慣れた身でも「むっ」と唸る高回転域の加速。そういえば高校の友人はペンタックスカラーのSP(91年)で通学していたけれど、いまなら制服でCBR1000RR転がすようなものか。凄い時代……。

ヤマハ TZR250(1985年∼)

83年に「本当のレーサーレプリカを見せてやりますよ」とスズキがRG250Γをデビューさせ、ホンダもNS250Rで続くとこのクラスの競争は激化。ヤマハはRZ250Rをフルカウル化したRZ250RRで対抗するも“本気度”の違いは明白で、GPマシン譲りのクランクケースリードバルブを用いたTZRで捲土重来を期すことに。カワサキ? KR250Sだよ、文句あるか。

カワサキ ZXR400/400R(1989年~)

レーサーレプリカ市場でライバルの後塵を拝していたカワサキによる意欲作。前年にTT-F3レースを見据えたZX-4をリリースしたばかりだったが、時代の流れはさらに早かった。フロントカウルの穴から走行風を取り込んで燃料タンク下にあるシリンダーヘッドを冷却するK-CAS(カワサキクールエアシステム)という新機構を採用しており、それがルックス上のアクセントにもなっている。


(文/佐藤旅宇)



GoGo-GaGa!

乗って、走って、遊んで、考える―――自由な乗り物を愛する大人のためのWEBメディア